{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

ケニア チョロンギ 100g

¥972 税込

送料についてはこちら

  • 中煎り

    ¥972

    SOLD OUT

  • 中深煎り

    ¥972

    SOLD OUT

  • 深煎り

    ¥972

    SOLD OUT

みんな大好きケニアです。ケニアの中でもニエリ郡はブランド力のある地名です。ムセカ生産者組合に所属する、チョロンギchorongiというファクトリーの豆です。アフリカでは零細農園(と言うより個人)がコーヒーチェリーを地域の処理場に持ち込むパターンが多いらしいです。だから、他の国のように、○○農園!!みたいな売り方がされていないのですね。 やや重めの、しっかりとしたケニアです。最近のケニアは、酸味フルーティー系が多い気がしますが、個人的には、重めのケニアこそケニアらしさだと認識しています。豆を挽いた段階で良い匂いがして、お湯を注ぐとまたしっかりとした香りが立ちます。これは良いぞ!と期待が高まります。マイケルボルトンのコピーが「ひとりメタル」だったように、ケニアは「ひとりブレンド」だと思います。一種類なのにブレンドのようで、ケニアより濃い豆はほぼ無いから、混ぜるとかえって薄まると言う孤高の存在、それがケニアです。 焙煎度は中煎りです。甘みの強いコーヒーで表面が焼けやすいので焙煎の風味も乗りますが、粒が大きいこともあり、酸味がしっかり残ります。フルーティーです。ケニアらしさを感じられます。 深煎りはかなり焙煎を進めます。豆が強いので、いわゆる深煎りの味にするには、しっかりと焼く必要があります。すごいねチョロンギ。 販売は「豆のまま」のみです。

セール中のアイテム